28.高木之真座学

28 高木之真座学 日立道根彦先生著著

 

 本書は道ひらき出版が発行する全ての本を学修されてから、読まれる事が必要です。掲載の書籍をマセターされていない方は後回しにして下さい。本書は高度の天津真法の学習書であり、一つ一つの難解な日本語の羅列で、ふりがながあって音読出来ても全体の意味掌握が困難です。かえって道の深さを認識されていない段階では、疑問の心や迷信が遮って、折角1,300年有史以来の真道に入門されたにもかかわらず、飽きてきたり、払拭されていない先入観が邪魔をしてしまい、道から逸れる事が心配となるためです。

 特に遠津待根の理は、霊素発輝、神之道初学、ふとまに集、神道基礎学、新編古事記真講、天津素下霊の真受法、神武太平記など全てに通じ、古事記の真解と神霊の存在を疑問を挟む余地無いまでに学修されていなければなりません。心の奥に少しでも太古の偉大な精神文化を疑い、正解された古事記をも疑い、神霊の存在を疑う気持がある段階では理解は困難でしょう。

 しかし霊統豊かな道人にあっては此の限りではありません。本書は歴史上、又現代の人類学研究者たちが知り得ない唯一の人類進化の真法を学び、ダーウインの進化論の根底を正します。人類の進化向上に並々ならぬ神々の修理固成の大法が有った事を知る事が出来るからです。

投稿日:

Copyright© 道ひらき|神道を極める〜古事記/日本書紀の新学説を学ぶ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.